2019年07月16日

Landmark 81−3

展望台にあわせて47階〜77階に5つ星ホテル「Vinpearl Luxury Landmark 81」も開業。部屋数は223部屋

vn3659.jpg

vn3660.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Saigon(HCMC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Landmark 81−2

今まで部分的な開業であったが、この度最上部に当たる79階〜81階に展望台「Landmark 81 SkyView」をオープンした。81階の「SkyTouch」では屋外に出ることも可能。80階と79階にはレストラン&喫茶店なども入居している

vn3657.jpg

vn3658.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Saigon(HCMC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Landmark 81

サイゴン川に面したランドマーク81は、ベトナム国内最高層、世界でもトップ20に入る高さ396.9m(最頂部461.2m)の地上81階建て・地下3階建てのビルで昨年竣工した

vn3655.jpg

vn3656.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Saigon(HCMC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

Snow Town Sai Gon−3

vn3653.jpg

vn3654.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Saigon(HCMC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Snow Town Sai Gon−2

vn3651.jpg

vn3652.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Saigon(HCMC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Snow Town Sai Gon

vn3649.jpg

vn3650.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Saigon(HCMC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

2019年07月13日

1980年の中国

初めて中国へ行ったのは1980年のことです。それも香港からの日帰りツアーで広東省の一部を回ったにすぎません。当時の中国はまだ質素で人々は素朴でした。自信がなく控えめな中国人、現代中国人との違いに驚かされます。ちなみに孫文は広東省の中山市で産まれその生家を見学しました

vn3641.jpg

vn3642.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | China(中国) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰国

日本へのフライトはノースウエスト航空で途中どういうわけか那覇に寄港しました。その後成田空港に到着しました

vn3640.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Manila (マニラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マニラ市内ー2

マニラではイラクで知り合ったフィリピン人に案内してもらいました。当時でも治安の悪さに気が付いていました。もらったお土産は今でも家に飾ってあります

vn3638.jpg

vn3639.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Manila (マニラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マニラ市内

1年1か月ぶりに帰国することになりバグダッドからクウェートに入りました。その後バンコクを経由してマニラに到着しました

vn3636.jpg

vn3637.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Manila (マニラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

イラク キルクーク油田−2

当時はほとんど写真を撮らなかったですね。ブログやSNSで公開するということはまったく考えられませんでした。プラントでは15か国の人が働いており特に下請けだったフィリピン人と現地イラク人と仲良くなりました。この青年は当時20歳でよく働き人助けをする好人物でした。将来空軍のパイロットになりたいと言っていたので、その後の戦争で命を落としたかもしれません。下はハッジと呼ばれたお爺さんです。ハッジとは聖地メッカを訪れたことのある人に対する敬称ですが、彼は実際には行ったことがありませんでした。とにかくイラク人は人柄が良く優しい人が多かったです

vn3634.jpg

vn3635.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Iraq(イラク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラク キルクーク油田

私は会社員になって間もなくイラク北部キルクークに天然ガスプラント建設のために長期滞在しました。ときは1981年10月〜1882年11月にかけてです。サダム・フセインが実権を握ったのが1979年で、その直後ということになります。当時すでに戦争が行われており(イラン・イラク戦争)バグダッドへの直行便がなくクウェートからイラクに入国しバスラ・バグダッドを経由してキルクークに向かいました。日本人キャンプがあり500名くらいいたと思いますが、キャンプ内は安全であり年越しの行事等も行われていました。ISにより支配されたモスルやメソポタミア文明の遺跡にも行きました。キルクークの街にも2週間に一度ほど休日に行き息抜きをしていました

詳しくは下記ブログをご覧ください。

イラクの思い出

vn3632.jpg

vn3633.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Iraq(イラク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

ワットプラケオ

王宮の敷地内に建てられたワットプラケオはまたの名を「エメラルド仏寺院」と言い、バンコクで最も重要で最も訪問者の多い寺院です。日本へのフライトはタイ航空でした。途中台北を経由しました。当時は成田空港の竣工前で羽田空港に着きました。こうして40日間の旅行を終えました

vn3630.jpg

vn3631.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Bangkok(バンコク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワットアルン

バンコクの象徴とも言える寺院。17 世紀にチャオプラヤ川の川岸に建造され、王宮やワット ポーの対岸にあります。その独特の形が美しく中央の「プラーン (クメール様式の塔)」が 4 基の小さな塔に囲まれている。バンコク滞在中はキックボクシングを見に行きたく会場を探しましたが、結局見つかりませんでした

vn3629.jpg

vn3628.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Bangkok(バンコク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

水上マーケット

当時のバンコクは近代化される前の状態で、アジアの貧しい国の一つに過ぎませんでした。高層ビルなんて一つもありません。貧しさにカルチャーショックを受けました

vn3625.jpg

vn3624.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Bangkok(バンコク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク到着

約5週間の欧州滞在を終えて帰国する前にバンコクに寄りました。経路の途中で航空機事故があり、アムステルダム・スキポール空港で3時間缶詰になった影響で計15時間かかり、やっとの思いでドンムアン空港に着きました

vn3622.jpg

vn3623.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Bangkok(バンコク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドンで毛沢東死去を知る

当時私は国際政治史、特に中国政治史を専攻しており、このニュースの衝撃はかなりのものがありました。ネットのない時代なのでたまたま新聞を店頭で見て知ったわけです。下はロンドンの買い物・ライブ情報誌です

vn3596.jpg

vn3597.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

ウィンザー城

ウィンザー城は12世紀に築城された古城で、エリザベス女王が週末を過ごす居城として知られています。ロンドンのウォータールー駅から約50分で到着します。イギリスはロンドンと郊外のみの観光でした

vn3611.jpg

vn3612.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッキンガム宮殿の衛兵交代式−3

衛兵交代式は宮殿の前庭にて11:30から行われますが、大きな見どころである衛兵の行進は11:15にスタートします

vn3606.jpg

vn3607.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッキンガム宮殿の衛兵交代式−2

衛兵交代式は原則的に4〜7月は毎日、それ以外の期間は1日おきに行われています

vn3604.jpg

vn3605.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

バッキンガム宮殿の衛兵交代式

衛兵交代式とは、宮殿の警護にあたっているオールド・ガードが、次に任務を担当するニュー・ガードと交代するセレモニーを指します。ウィンザー城などでも実施されていますが、最も有名なのがこのバッキンガム宮殿の衛兵交代です

vn3602.jpg

vn3603.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィクトリア女王記念碑

バッキンガム宮殿の正門前にある記念碑。衛兵交代式を見るためにここで待ちます。当時でこのくらいの観光客でしたが、今では大混雑でしょう

vn3600.jpg

vn3601.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・マル

セントジェームズパークからバッキンガム宮殿へは、「ザ・マル」と呼ばれるメインストリートが延びています。その先に宮殿があります

vn3598.jpg

vn3599.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

大英博物館

世界最大の博物館の一つで、古今東西の美術品や書籍や略奪品など約800万点が収蔵されている。特に古代エジプトの「ロゼッタストーン」やギリシャの「パルテノン神殿の彫刻」が有名。大英帝国の時代に集めたものが多い

vn3608.jpg

vn3609.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンジントン・ガーデン

ハイド・パークに隣接する王立公園。この公園に面してロイヤルアルバートホールがあり、1941年より毎年夏に開催されている「BBCプロムナードコンサート」(The Proms)の会場としても広く知られる。クラシックコンサートを聞きに入り、そのときの演目表が残っています

vn3594.jpg

vn3595.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイド・パーク

ハイド・パークはロンドンに8つ存在する王立公園の1つで、 1851年には世界初の万国博覧会であるロンドン万国博覧会の会場となった

vn3592.jpg

vn3593.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | London(ロンドン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする