2022年05月18日

大盆栽まつり

ちょうど行った日は「大盆栽まつり」の初日で、市民盆栽展、盆栽・盆器の即売会などが開催され、多くの愛好家でにぎわっていました

vm4848.jpg

vm4849.jpg
posted by sirius at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽庭園−6

vm4840.jpg

vm4841.jpg
posted by sirius at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽庭園−5

vm4836.jpg

vm4837.jpg
posted by sirius at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示ー9

vm4838.jpg

vm4838s.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示ー8

vm4833.jpg

vm4834.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽庭園−4

vm4831.jpg

vm4832.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽庭園−3

vm4829.jpg

vm4830.jpg
posted by sirius at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽庭園−2

vm4827.jpg

vm4828.jpg
posted by sirius at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示ー7

一般的な美術館と大きく異なる点は、屋内の常設展示の内容が1週間で変更されること。盆栽は風や日光のある外で育てることが基本のため、1週間の室内展示が限界なのです

vm4825.jpg

vm4826.jpg
posted by sirius at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽庭園

中央にあずまやがあります

vm4822.jpg

vm4824.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示−6

1923年の関東大震災を機に、盆栽師たちは大宮へ集団で移住。何もなかった山林を切り拓き、自治共同体として「大宮盆栽村」を作り上げました

vm4821.jpg

vm4821s.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示−5

江戸時代には園芸が大変流行し、団子坂(文京区千駄木)周辺には大名屋敷などの庭造りをしていた植木職人が多く住んでいました

vm4819.jpg

vm4820.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示−4

下は第8回世界盆栽大会の様子。盆栽愛好家のパワーはすごいですね

vm4817.jpg


vm4818.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆栽の展示−3

vm4815.jpg

vm4816.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さいたま市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする