2022年05月25日

旧国鉄手宮線ー5

人気観光地に廃線があり、散策路として格好の撮影スポットとなっている。このアイデアは素晴らしく全国でも見習ってほしいところ

vm5043.jpg

vm5044.jpg
posted by sirius at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧国鉄手宮線ー4

2001年から2016年にかけて、中心部の地域を起点に北海道鉄道の発祥の地である小樽市総合博物館までの約1600mの散策路が整備された

vm5041.jpg

vm5042.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧国鉄手宮線ー3

その後鉄道国有化によって手宮・小樽(現:南小樽)路線は「手宮線」という名称に変わり、1962年旅客としての営業を廃止、1985年には路線自体が廃止となった

vm5040.jpg

vm5039.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧国鉄手宮線ー2

幌内(三笠市)の炭山から石炭を港のある小樽市へ運ぶために敷かれた鉄道で、1880年には手宮・札幌間が開通し、その2年後に全通した

vm5037.jpg

vm5038.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧国鉄手宮線

寿司屋通りから小樽市総合博物館まで続く「旧国鉄手宮線」は、北海道初の鉄道「官営幌内鉄道」の一部です

vm5035.jpg

vm5036.jpg
posted by sirius at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大正硝子館

vm5032.jpg

vm5031.jpg
posted by sirius at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧名取高三郎商店

vm5030   .jpg

vm5029.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司屋通り  

旧百十三銀行小樽支店のところを運河沿いに左折するとその通りは「寿司屋通り」。確かに数というより比率が多くなった感じはします

vm5028.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百十三銀行小樽支店ー2

現在は「小樽浪漫館」という天然石やアクセサリー、ガラス雑貨等を扱うお店となっています。ツタが絡まり一層趣深くなっていますが、以前の写真にはツタはないですね。前に小樽運河がありセットで撮影するととても美しい

vm5026.jpg

vm5027.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百十三銀行小樽支店

旧百十三銀行小樽支店は、1908年に建てられた木骨石造2階建ての建物です。小樽市指定歴史的建造物 No.5になっており、小樽の有名観光スポット「堺町通り」の北側のランドマークとなっています

vm5025.jpg

vm5024.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする