2022年05月27日

小樽運河ー5

名残惜しいですが最後に運河を撮って駅へ向かいました。途中本物の錨が建物の角に設置されていました

vm5088.jpg

vm5089.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽芸術村

vm5086.jpg

vm5087.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽運河ー4

ここで決断。運河のライトアップを待たずに帰ることにしました。同じところには行かない旅行ポリシーですが、小樽には北運河もあるし海も山も見るところはある。その節は小樽に宿泊しましょう

vm5084.jpg

vm5085.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは何だろう

桶があるので消防設備でしょうか

vm5082.jpg

vm5083.jpg
posted by sirius at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出抜小路ー5

vm5079.jpg

vm5080.jpg
posted by sirius at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出抜小路ー4

出抜小路は食事処ばかりでそれも開いていない店が多い。シンボルキャラクター「うだつ小僧」が寂しそうに立っていました

vm5077.jpg

vm5078.jpg
posted by sirius at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出抜小路に戻る

この時点で日没まであと2時間。外で待つには寒すぎるのでどこか休むところを探したがどこにもない。食事処はありますがカフェがないんですね

vm5075.jpg

vm5076.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽運河ー3

vm5073.jpg

vm5074.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽運河ー2

運河沿いの散策路には63基のガス灯が設置され、夕暮れ時には運河や石造りの倉庫がライトアップ、日中とはまた違った雰囲気を味わうことができます

vm5071.jpg

vm5072.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽運河

小樽運河は1923年に完成、北海道の開拓を支えた港湾都市小樽の海運のための水路で、水路に沿って昔ながらの倉庫が立ち並ぶ姿がエキゾチック

vm5070.jpg

vm5070s.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽運河へ

vm5069.jpg

vm5068.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする