2019年12月05日

国立競技場−5

一番の問題は五輪後の活用法が決まっていないことです。サブトラックがないことから陸上競技には使えないことは決まっています。収入の柱となるのは音楽イベントとなりそう。しかしコスト圧縮と工期優先で、当初計画の“売り”でもあった開閉式屋根や可動席は見送られた。騒音や天候対策で「開閉式屋根は必要だったのではないか」との声は関係者に根強い。屋根がないと他のイベントにも使いずらいということになります

vn4725.jpg

vn4726.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。