2020年12月14日

金唐紙

2階ベランダから見る庭園は美しい。下は二階客室に復元された金唐紙。和紙を手作業でエンボス加工し金箔や彩色を施した壁紙のことで明治期には多数の洋風建築に使用され、また海外にも特産品として輸出されていた。現存するのは国会議事堂をはじめ数件に過ぎない貴重な壁仕上げです

vn6990.jpg

vn6991.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。