2022年07月09日

名古屋城天守閣ー4

しかし名古屋城の木造復元計画は行き詰まることになる。当初予定していた2020年の東京オリンピックまでの完成はおろか、22年に先延ばしした計画も撤回。木造故沖縄・首里城のような焼失もあり得ること、忠実に復元されるとしたら階段は狭くて急なものになり、ここに一日数千人の観光客を入れることは不可能など、現状先の見通しは全く立っていない

vm5960.jpg

vm5959.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋城天守閣ー3

しかしながら再建から約60年が経過し、設備の老朽化や耐震性の確保などへの対応が不可欠となりました。一方で名古屋城には詳細な実測図など豊富な史料が残されており、史実に忠実な復元が可能と言われています。これらを鑑み名古屋市では2018年より天守閣の木造復元を決定し計画を進めることになる

vm5957.jpg

vm5958.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋城天守閣ー2

その後1959年に鉄骨鉄筋コンクリート造の天守閣を再建。外観は旧天守閣を再現し、内部は博物館として歴史資料や模型などを展示してきた

vm5955.jpg

vm5956.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋城天守閣

名古屋城は徳川家康の命を受けた豊臣恩顧の諸大名による「天下普請」によって築城が行われ1612年に天守閣が完成する。しかし1945年の空襲によって天守閣をはじめ多くの建造物を焼失します

vm5953s.jpg

vm5954.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月08日

玄関に戻る

vm5951.jpg

vm5950.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上御膳所

vm5948.jpg

vm5949.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅の間

vm5946.jpg

vm5945.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上洛殿

「上洛殿(じょうらくでん)」は本丸御殿が建った約20年後に、三代将軍家光が京都に向かう途中で名古屋城に宿泊するために増築された部屋です

vm5943 .jpg

vm5942 .jpg
posted by sirius at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欄間ー2

上洛殿は本丸御殿の中でも特に絢爛豪華に飾られており、狩野派による襖絵、天井板絵、彫刻欄間、水墨画など、当時の最高峰の技術がここに集結している

vm5940.jpg

vm5941.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対面所ー2

vm5937.jpg

vm5939.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対面所

vm5936.jpg

vm5934.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欄間

vm5932.jpg

vm5933.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表書院ー2

下の写真の左側は藩主が座る場所で一段高くなっている

vm5930.jpg

vm5931.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月07日

表書院

奥へ進むと、藩主が正式な謁見に用いた「表書院」が現れます。こちらの部屋の一番奥が「上段之間」と言って尾張徳川家初代将軍・徳川義直が着座したと伝わる部屋です

vm5927 .jpg

vm5928.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一之間ー2

vm5925.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一之間

本丸御殿の正式な玄関一之間へ。狩野派の絵師が描いたとする説がある「竹林豹虎図(ちくりんひょうこず)」があります。訪れる人が床に座り、上の者を待つ間に眺められる位置に絵があります。躍動感あふれる猛獣の姿で将軍の強さを示すことで、客人に威圧感を与える目的があったのだとか

vm5923 .jpg

vm5924.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄関から大廊下へ

預けるものは預けてリュックは前に抱えねばなりません。余裕ある鑑賞は出来なかった

vm5921.jpg

vm5922.jpg
posted by sirius at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本丸御殿

天守閣は閉館中のため入れませんが、代わって2009年から復元工事が始まった本丸御殿が2018年に完成し公開されています。ただ入場のルールはやや厳し過ぎる印象。平日の雨にも拘わらずここでは急に観光客が増えました

vm5918.jpg

vm5919.jpg
posted by sirius at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本丸表二之門

vm5914.jpg

vm5913.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東南隅櫓ー3

vm5911.jpg

vm5912.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東南隅櫓ー2

vm5909.jpg

vm5910.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋・愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする