2022年09月05日

ピリカ号を下りる

周ってきた3つの湖の中で阿寒湖が一番大きな町を持っていました。ピリカ号を下りて2時間の自由時間。20名ほどの観光客の多くはアイヌコタンへ向かいましたが、そうすると肝心の阿寒湖を見れないとそのときは考え、多分私一人がマリモを見に反対側へ歩き始めました

vm7171.jpg

vm7172.jpg

阿寒湖アイヌコタン

阿寒湖の名所、アイヌコタン。阿寒湖へ行く時間がなくなると思い行かないと決め車窓から撮影

vm7168.jpg

vm7169.jpg

雄阿寒岳

下には太郎湖が少し見える

vm7163.jpg

vm7164.jpg

阿寒横断道路

阿寒横断道路を通って阿寒湖を目指して山道を走る

vm7159.jpg

vm7160.jpg

貴重な北海道の作物

北海道の広い耕作地はインフレ時代の日本の守り神。どんどん作って自給率を高めましょう。簡単に言うと小麦からコメへの回帰、洋食から和食への回帰を各個人が進める必要があります。今はインフレで済んでいますが南シナ海や東シナ海、シーレーンの要衝バシー海峡が封鎖されればモノが入ってこなくなりますよ。歴史は繰り返す

vm7153.jpg

vm7154.jpg

眺湖橋

屈斜路湖から釧路川が流れる地点があり眺湖橋(ちょうこばし)が架かっています。観光バスは眺湖橋の上で一旦停車してくれるのですが、バスの中からは左右を上手く撮れませんね

vm7151.jpg

vm7152.jpg

アイヌ民族資料館

道東にはアイヌ関連の施設が多いですね。しかしロシアの高官がアイヌは大陸から来たと言って彼らを守るために北海道を占拠する意図があることがウクライナ戦争後に発言しました。アイヌ差別はしてはならないし文化の保護はすべきですが、平和ボケ日本人は獰猛な国際感覚に欠けているので警戒する必要があります

vm7150.jpg

vm7149.jpg

湖畔の休憩所

皆さん砂を掘って空いているところがないので、少し離れた休憩所から屈斜路湖を見ていました

vm7142.jpg

vm7141.jpg

屈斜路湖の砂湯

湖畔に温泉が湧き出るので開けているここだけ人がたくさん。子供連れが多かった

vm7133.jpg

vm7134.jpg

屈斜路湖

屈斜路湖は国内最大のカルデラ湖。また淡水湖内では日本一大きい島(中島、周囲12km)を有す。クッシーがお出迎え

vm7131.jpg

vm7132.jpg

川湯温泉 

冬には−30℃にもなる川湯温泉。ただ私は海外で経験があるんですね。+50℃も経験済みだし、、

vm7130.jpg

vm7130s.jpg 

大鵬記念館

平均年齢が若めのバス観光客には「大鵬」って誰という雰囲気でした

vm7128.jpg

vm7129.jpg