2021年03月01日

大方丈から見た曹源池庭園

ほとんどの伽藍が再建されている中で、この曹源池庭園だけは当時の姿のまま。後日TVで放映されていましたが、毎日職人が整備・掃除をする中、僧侶すら立ち入り禁止ということでまさに日本が誇る歴史的文化遺産と感じました

vn7741.jpg

vn7742.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書院から見た曹源池庭園

vn7739.jpg

vn7740.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り廊下ー2

前後を見ても誰もいません。しばらくすると客が来ました。結局多宝殿の前に柵があり中は見れませんでした

vn7737.jpg

vn7738.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り廊下

vn7736.jpg

vn7735.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多宝殿へ

大方丈の隣に書院がありその先に多宝殿があります

vn7733.jpg

vn7734.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

書院

入場券は寺の内部と庭園、庭園だけの2種類があります。それだけ庭園を目指す人が多いということでしょう

vn7731.jpg

vn7732.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大方丈

庫裡の隣が大方丈でもう有名な庭園が見えてきました

vn7729.jpg

vn7730.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庫裡(くり)

中門を入ると庫裡までは距離があります。入り口はどこだろうと探すと庫裡そのものでした

vn7727.jpg

vn7728.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中門

禅寺として京都五山(天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺)のうち、第1位の寺格となっています。尚、南禅寺は別格扱い

vn7725.jpg

vn7726.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天龍寺総門

天龍寺は臨済宗天龍寺派大本山の寺院です。開基は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石。後醍醐天皇の菩提を弔うために1339年に創建されました

vn7723.jpg

vn7724.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

天龍寺へ向かう

閑散としている通り。宣言が出る直前で客がいないのに店を開けていますが、この後閉めたところが多いはずです。観光客よりスタッフさんの方が多いくらい

vn7721.jpg

vn7722.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡月橋から山側を見る

vn7719.jpg

vn7720.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡月橋ー4

戻るときは反対側の歩道を歩きます。ちらほら中国人観光客がいました。派手な格好で日本人でないと分かりましたが、この時期なら在日でしょう

vn7717.jpg

vn7718.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵐山公園ー2

公園の奥には行かずここから引き返します

vn7715.jpg

vn7716.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵐山公園

渡月橋を渡ったところにある公園。中の島公園とも言われる。ここからの風景が一番美しい

vn7714.jpg

vn7713.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

渡月橋ー3

山と川とのバランスがよく自然が昔のまま残されているのが、人々を引き付ける原因でしょう

vn7711.jpg

vn7712.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡月橋ー2

まさに渡っているところ。歩道が狭いので人が多いと必ず車道に出て写真を撮るはず

vn7709.jpg

vn7710.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡月橋

嵐山に来るのは初めて。嵐山と言えば渡月橋ですよね。思ったより大きな橋で頑丈な造りでした

vn7707.jpg

vn7708.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人がいない嵐山ー2

あくまで個人的な印象ですが前の嵐山はここまで人気はなかったかと。火が付いた理由は不明ですが、やはり外国人観光客の影響でしょうか?人気が出たために店舗も増え過ぎた印象。ここは郊外ですからね。それでも来たのは春からまた人が溢れて混むのを避けるためでもあります

vn7705.jpg

vn7706.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人がいない嵐山

昨年11月の連休にはごった返していた嵐山。しかしこの日はガラガラ状態(宣言前です)。下は雷電嵐山駅

vn7702.jpg

vn7704.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

天龍寺に着く

嵐山のメインストリートに到着。天龍寺には入らず先に渡月橋へ向かいます

vn7701.jpg

vn7703.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵯峨野トロッコ列車

嵯峨野トロッコ列車にはここで乗り換えますがこの日は運休中でした。嵐山中心部へ移動します

vn7698.jpg

vn7700.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵯峨嵐山駅

意外と近く15分ほどで到着。しかし雷電の嵐山駅とは違い中心部とは少し離れたところにあります

vn7697.jpg

vn7699.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嵐山へ

上はホテルから見た南の八条口方面。嵐山は電車では嵯峨野線で前日に乗ったのと同じ。何故か300番台のホームになっています。ホームに着いた車両の座席は乗る人が向きを進行方向に変えます。慣れないのでもたもたしているとおばちゃんがやってくれました

vn7695.jpg

vn7696.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテルの洋食

京都府はこのように斜めの形をしているのを初めて知りました。日本海側の北部と京都市のある南部の気候は異なります。ホテルの朝食は滞在中で唯一の洋食。ボリューム的にはこの方がいいかも

vn7693.jpg

vn7694.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | 京都 ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

京都駅到着

駅ビルにあるホテルグランヴィア京都に戻りました

vn7691.jpg

vn7692.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR嵯峨野線

ここから京都駅まで行けます。座席は首都圏では見かけない作り。京都駅では乗る方が自分で座席を進行方向に変えるのを見ました。ちょっと慣れないなあ

vn7689.jpg

vn7690.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太秦駅

「撮影所前」とJR嵯峨野線「太秦駅」は乗換駅ではないのですが、地図で近いのを確認していて乗り換えました

vn7687.jpg

vn7688.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷電北野線

電車は後払いというのは分かりましたが、降りるときにバスみたいに降車ボタンを押します。3つ目の「撮影所前」で降りたのですが途中でボタンがあるのに気付いたのですね。降りたのは私一人だけだったので押さなかったら降車できなかったのか?さすがに電車で降車ボタンは想定外でした

vn7685.jpg

vn7686.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御室仁和寺ー2

無人駅で改札がありません。乗り方が分からないので案内板を見ました

vn7684.jpg

vn7683.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする