ルチェルン音楽祭

日本で予約してあったルチェルン音楽祭でクラシックコンサートを聞きました。聴衆は正装でカジュアルな服しか持っていなかった私と友人は少々焦りました。その後アルプスを見にグリンデルワルトへ向かいました

vn3419.jpg

vn3426.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Swiss(スイス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カペル橋

スイスはどこも美しいのですがルチェルンもその一つ。カペル橋はルツェルンを象徴する橋で、屋根付きでルツェルン湖やロイス川の美しい風景を楽しむことができます

vn3420.jpg

vn3421.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Swiss(スイス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

チューリッヒ湖

vn3417.jpg

vn3418.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Swiss(スイス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーツァルトの家

オーストリア観光はウィーンのみで、その後スイスに向かいました

vn3415.jpg

vn3416.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン国立歌劇場

世界最高峰の歌劇場、それは音楽の都ウィーンにあります。その後日本人(小澤征爾)が音楽監督を務めることなど夢想だにしませんでした。下は美術史博物館

vn3413.jpg

vn3414.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

ヨハン・シュトラウス記念像

下は不鮮明ですが王宮内部の様子

vn3411.jpg

vn3412.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王宮庭園

ハプルブルク家が13世紀後半から1918年まで約600年にわたって住居としてきたホーフブルク王宮。庭園も有名でこのときは無料の野外コンサートが開かれていました

vn3409.jpg

vn3410.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュテファン寺院

12世紀から300年かけて建造されたオーストリア最大のゴシック教会。 高さ137mの南塔は寺院の塔としては世界第3位の高さを誇ります

vn3407.jpg

vn3408.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェーンブルン宮殿−2

建物内部はもちろん立派な噴水を擁する広大な庭園や動物園など多くの見どころがあります

vn3405.jpg

vn3406.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

シェーンブルン宮殿

ウィーンが誇る世界遺産であり、ウィーンで最も多くの観光客が訪れるスポット。 女帝マリア・テレジアによって美しい姿となった豪華な宮殿。その後もハプスブルク家は夏の離宮として好んで滞在した

vn3403.jpg

vn3404.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン市内

下の建築物は記憶もないし、ネットで調べても分からないです

vn3401.jpg

vn3402.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーン到着

vn3399.jpg

vn3400.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Wien〈ウィーン〉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミュンヘン五輪施設

4年前のこの時期、ミュンヘン五輪が開かれそのメインスタジアム等を見に行きました。ちなみに旅行はモントリオール五輪開催時に当たり、スポーツ観戦が趣味の小生は唯一TVで五輪を見逃したことになります

vn3397.jpg

vn3398.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

ミュンヘン市内

写真は残っていないのですが、有名なビアホール「ホフブロイハウス」にも行きました。1589年からビール製造が始まり、1920年にはナチスの党大会が開かれ25カ条綱領が承認されたことでも名が知られた

vn3396.jpg

vn3395.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミュンヘン新市庁舎

「マリエン広場」に面して建っているのが「ミュンヘン新市庁舎」。ネオゴシック様式で1867年から1909年に建設されました

vn3393.jpg

vn3394.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノイハウザー通り

ミュンヘンの代表的なショッピングストリート「ノイハウザー通り」。ミュンヘン観光の中心地であるマリエン広場から、カールス広場までつながっている通りで歩行者天国となっています

vn3392.jpg

vn3391.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ロマンティック街道−4

写真は全てローテンブルクです

vn3385.jpg

vn3386.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロマンティック街道−3

ローテンブルクのシュピタール城砦

vn3384.jpg

vn3383.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロマンティック街道−2

ヴュルツブルク、ローテンブルク、アウグスブルクなどを回りました。特に中世のドイツが感じられるローテンブルクが美しかった

vn3382.jpg

vn3381.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

ロマンティック街道

ロマンティック街道には素晴らしい記憶があります。街が丸ごと中世に戻ったかのように建物が残っているのは見事。木造が中心の日本では無理です

vn3379.jpg

vn3380.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライン下り−3

ライン川沿いには次々と城が現れます

vn3373.jpg

vn3374.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

ライン下り

一度ビーレフェルトに戻り今度はやや長く旅行することになります。ライン下りのルートは覚えていないのですが、マインツからリューデスハイムまでかなと思います

vn3369.jpg

vn3370.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | Deutschland(ドイツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木靴も有名

鮮明ではありませんが木靴工房の様子です。お土産も買いました

vn3367.jpg

vn3368.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | Nederland(オランダ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オランダと言えば風車

ここを外すわけに行きません

vn3365.jpg

vn3366.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | Nederland(オランダ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする