2022年11月30日

埼京線で絡まれる

埼京線渋谷駅から20歳くらいの酔客が乗ってきてソフトに絡まれました。私は端に座り彼は立っていましたがタッチしてきましたよ。次の恵比寿駅で降りるので難を逃れました。ちなみに車内はガラガラで座れる状態。常に周りに注意を配っていることもあり動揺しませんでした。皆さんも気を付けましょう。写真は恵比寿駅に着いた時と東京メトロ日比谷線恵比寿駅

vt1010.jpg

vt1011.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯田橋駅工事中?

ちょうど1年前に乗り換えでこの駅に来ましたが、ホームに上がってから何んと100m先に電車が停車します。普通ホームへの階段にいても乗車に間に合いますが、これではダッシュしても間に合わない 

vt1008.jpg

vt1009.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯田橋駅前

高速道路が上にあり無粋な駅前です

vt1006.jpg

vt1007.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日中友好会館 

小石川後楽園西口から飯田橋駅へ向かいます。この辺りは日中友好会館や中国語学校等の中国関連施設が多く最近話題の中国警察もあることでしょうね。下の写真、歩行者優先レーンがありますが、つまり自転車も歩道走行可ということです

vt1004.jpg

vt1005.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月29日

正門ー2

vt1002.jpg

vt1003.jpg
posted by sirius at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正門

こちらが正門(西門)です

vm9999.jpg

vt1001.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涵徳亭入口

vm9997.jpg

vm9998.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉の名所だが、、

このモミジだけ赤かったです。他の樹木も含めての紅葉ということで、、

vm9995.jpg

vm9996.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西行堂跡

vm9993.jpg

vm9992.jpg
posted by sirius at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西行歌碑

vm9991 .jpg

vm9994.jpg
posted by sirius at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐歩泉ー2

この辺りは清水が湧き出ていたそうで、水戸藩九代目藩主徳川斉昭が「駐歩泉」と命名したと云われています

vm9989 .jpg

vm9990.jpg
posted by sirius at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐歩泉 

「駐歩泉」は西行の和歌「道のべに しみづながるる 柳かげ しばしとてこそ 立ちどまりつれ」に因んだもので、「駐歩泉」碑の小径を行くと西行歌碑があります

vm9988.jpg

vm9987.jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涵徳亭

西門を確認。水道橋駅側の東門から入り飯田橋駅側の西門から出るプランです

vm9984.jpg

vm9986.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡月橋もある

足元にある小さな橋が渡月橋であると後で分かる

vm9983.jpg

vm9985.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西湖の堤ー2

明、京都の名所を模すのは当時なかなか行けないのでせめて雰囲気だけでも見てもらいたいという為政者の考えに依る

vm9981.jpg

vm9982.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西湖の堤

西湖の堤(せいこのつつみ)とは、明にある杭州市の西湖を模した石造りの堤です

vm9980.jpg

vm9979.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

屏風岩

日本庭園の中でも一番立派と言われる屏風岩

vm9978.jpg

vm9977.jpg
posted by sirius at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大堰川の石の配置ー3

vm9975.jpg

vm9976.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大堰川の石の配置ー2

vm9973.jpg

vm9974.jpg
posted by sirius at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大堰川の石の配置

川の流れにある大小の石の配置がとても美しい

vm9971.jpg

vm9972.jpg
posted by sirius at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音羽の滝 

vm9970.jpg

vm9969.jpg
posted by sirius at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大堰川の沢渡

大堰川に渡されている沢渡を楽しむ

vm9967.jpg

vm9968.jpg
posted by sirius at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大堰川

京都の嵐山の下を流れる大堰川にちなんだもので、徳川三代将軍家光が来園し大泉水の設計と共に種々助言を与えたものと言われています

vm9966.jpg

vm9965.jpg
posted by sirius at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通天橋から見た景色

vm9963.jpg

vm9964 .jpg
posted by sirius at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通天橋

朱色の通天橋は京都の東福寺にある通天橋を模したもの。若い男性はたいてい外国人

vm9961.jpg

vm9962.jpg
posted by sirius at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得仁堂ー2

vm9960.jpg

vm9959.jpg
posted by sirius at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得仁堂

水戸光圀が建てた園内で最古の建物が「得仁堂」です。 江戸時代を通じて、そして関東大震災でも戦災でも失われることなく、昔の姿が残っています

vm9957.jpg

vm9958.jpg
posted by sirius at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やはり登らないといけない

日本庭園の「山」は登らないと見どころを逃すことになります。案内板を見て登ることに、、

vm9955.jpg

vm9956.jpg
posted by sirius at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月27日

小廬山

明の景勝地、廬山に似ていることから名づけられた小廬山は一面をオカメザサでおおわれた築山。よく中国と言われますがそれは中共に支配された中原(ちゅうげん)地域のことであり、わずか73年の歴史しか持っていない(中共は歴代王朝を否定して誕生した)

vm9953 .jpg

vm9952.jpg

posted by sirius at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸屋ー2

vm9951s.jpg

vm9951.jpg
posted by sirius at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする